LEDディスプレイの選び方

LEDディスプレイ(電光掲示板)の選び方

設置出来る場所によって大きさが変わってきます。

ロードサイドの場合、大型の機種(4文字タイプ)がおすすめです。

自動車で通りかかったお客様に、より早く店舗の存在に気づいてもらう必要があります。
一説に、7秒ルールという考え方があります。
通行しているお客様がLEDディスプレイ(電光掲示板)を正しく認識するまでは7秒必要であるとの考え方です。

店舗の前を通る7秒前からお店の存在に気づいてもらう必要があります。
自動車の場合、時速30キロで約58m先からお店の存在に気づいてもらう必要があります。
コンビニや大型店舗のように大型の看板を設置できれば遠くからでも見えます。
普通の店舗ではなかなか難しいのが現状です。

普通の看板と違いLEDディスプレイ(電光掲示板)は昼夜を問わず驚くほど目立ちます。
LED看板であれば、明るく動きのある表示で自然と通行人の注目を集めます。
看板は多くの人に見てもらい、店舗の存在を知ってもらうためにあると考えます。

 

繁華街の場合、中型(3文字)小型(2文字)の機種がおすすです!

駅前や繁華街は設置できる場所に限りありますので、中型から小型の機種をおすすめします。
看板が乱立している繁華街などでは、普通の看板では周りの看板に埋もれてします。
LEDディスプレイ(電光掲示板)であれば、普通の看板より明るく表示内容に動きがあるので、普通の看板に囲まれても埋もれません。

LEDディスプレイ(電光掲示板)ではありませんが、
繁華街であれば、デジタルサイネージ(液晶看板)もおすすめです。
こちらの機種は、液晶ディスプレイを用いた看板となります。
特長は、液晶ディスプレイですのできれいな画像、動画を表示することができます。
動画には音も付ける事が可能で、目(視覚)だけではなく、耳(聴覚)にも店舗の存在を訴えかけます

おすすめ商品